2019版

モバイル金融アプリレポート

2019年におけるユーザー獲得の傾向と指標

  liftoff-leanplum-logo-2018

金融アプリの利用は過去5年間で354%の飛躍的な伸びを記録しており、ユーザーが自らのファイナンス管理に応じてテレビのチャンネルを変えるようにアプリを選ぶような状況になりました。セッション数も増え、週間の利用頻度は一部市場で10倍まで上がっています。

「2019年におけるユーザー獲得の傾向と指標」をダウンロードしていただければ、ユーザー獲得コスト、コンバージョン率、エンゲージメントの傾向など、モバイル金融アプリの最新の分析をご覧いただけます。レポートは日本語でもご覧いただけます。

レポートを取得

financeapps-2019-download-ja

モバイルマーケティングプラットフォームのLeanplumと提携し、「2019年におけるユーザー獲得の傾向」のレポートでは、エンゲージメントが強く収益性の高いオーディエンス獲得の参考となるような最新の情報とトレンドを金融アプリマーケターのみなさまにお届けします。レポートは、2018年1月~12月までの100億インプレッション、270万インストールに及ぶLiftoffとLeanplumのデータを基にしています。主な内容は次の通りです。

  • 最初のインストール、登録、インストール後のアクティベーションに至るまでのコストとコンバージョン率
  • 季節別(月別)、プラットフォーム別、性別のユーザー獲得の傾向分析
  • APAC、EMEA、北米の地域別の傾向
  • 地域、プラットフォーム、段階による継続率の分析

金融アプリの最新のマーケティングを知りたいですか?

レポートで取り上げたデータについて詳しくお知りになりたいお客様は、次回オンラインセミナー「2019年の金融アプリ:傾向と指標」にご登録ください。

japanese

Access the report in Japanese or Chinese